ヤパンマルクト(ジャパンマーケット)出品グッツ:①あづま袋、リバーシブルのトートバッグ

来る5月15日(日)のジャパンマーケット、オレンジハートのブースで販売する製品をご紹介いたします。まずは、ハンドメイドのあづま袋とトートバックです。オレンジハート代表の友人、月子さん特製ハンドメイドです。

あづま袋とトートバッグby 月子-1

 

 

 

 

 

tsukiko-tassen-4

あづま袋。どの布地もすてきです。抜群のセンス。

tsukiko-tassen-2

トートバッグは今回この2枚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tsukiko-tassen-3

リバーシブルです。ていねいな手仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

リバーシブル仕様のあづま袋もあります。

リバーシブル仕様のあづま袋もあります。

 

 

 

 

 

 

 

オレンジハート代表も、日ごろ、故大叔母のお下がりのあづま袋(50年モノ?)をハンドバッグに入れて持ち歩いています。これが、予定外に買い物をした際など、意外に役に立つスグレモノです。いわば、和風エコバッグ。

このくらいの買い物なら…

このくらいの買い物ならじゅうぶんな大きさ。

 

 

 

 

 

 

 

底の部分が約22cmx22cmの大きさ。結構容積あります。 

これは底部分が約25cm四方。

 

折りしも、オランダでは、エコ生活促進策で、お店で商品をお客さんに渡すとき、これまでのような、無料のビニール・プラスチック袋の使用は禁止になり、必要な場合には、お客さんの方が購入することになりました。布のあづま袋やトートバッグは、今後どんどん活躍の場が増えていくかもしれません。

 

 

 

 

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

5月15日(日)ヤパンマルクト2016でブースを持ちます。

来る5月15日(日)、ライデンの日本博物館シーボルトハウス主催
ヤパンマルクト(ジャパンマーケット)にて、当オレンジハートもブースを持つことになりました。
このマーケットは今年で9回目。初年度などは、同館の前にほんの5ブースほどしか参加がなかったように記憶していますが、年々参加希望者が増え続け、今では同館でセレクションを行うほど盛況です。

オレンジハートのブースでの出品アイテムについて、これから少しずつご紹介しようと思います。売り上げは、経費以外の全額をオレンジハートと福島の受け入れ先とのコラボ活動のためにプールします。すべて、売り切れ御免です。よろしくお願いいたします。

Bij Japanmarkt vorig jaar in 2015

昨年2015年のヤパンマルクト、オレンジハートのブースにて。

 

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

東日本大震災メモリアルブック公開中

去る3月13日にライデンの日本博物館シーボルトハウスにお寄せいただいたみなさまのメッセージは、東日本大震災5周年メモリアルブックとして このような形にまとめられ、 ただいま、同館エントランスにて公開中です。

5-year Memorial Book ligt op de lessenaar.

5-year Memorial Book ligt op de lessenaar.

Omslag
2011年3月の震災発生直後よりの経緯やシーボルトハウス館長はじめ
当プロジェクトのような関連グループがこれまでどのようなサポートを
行ってきたか、そして、今回のメッセージが一冊にファイリングしてあります。

以下、内容をピックアップしてご紹介いたします。
どうぞご覧ください。

2011年3月東日本大震災発生直後のようす。

Directeur SieboldHuis in stiltocht

Directeur SieboldHuis in stiltocht

アムステルダムで行われた被災地追悼の集まりに参加した館長。

Over het project

Over het project

当オレンジハートのプロジェクト紹介。

1000wenspopjes-3

1000wenspopjes-2

 

5年後の3月、みなさまからいただいたメッセージ。
wensen-2016-1wensen-2016-2wensen-2016-3wensen-2016-4wensen-2016-5wensen-2016-6wensen-2016-11wensen-2016-12wensen-2016-ivo&yumiko-1

ご来館の機会がございましたら、どうぞご覧ください。

あろうことか、5年後の現在、今度は熊本を中心とした大震災が発生しています。
被災地のみなさまに、心よりのお見舞いを申し上げます。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

3月13日(日)14時~16時、シーボルトハウス「ヨーロッパルーム」にてお待ちしています。

3月13日(日)のシーボルトハウスでのお見舞い、復興応援メッセージ作成は、
同博物館入口のすぐ左側の「ヨーロッパルーム」で行います。

Tentoonstelling 'Fuji' is wegens grote succes verlengd. ただ今会期中の「富士山展」は好評につき、延長になっています。

Tentoonstelling ‘Fuji’ is wegens grote succes verlengd.
ただ今会期中の「富士山展」は好評につき、延長になっています。

Europakamer in het SieboldHuis シーボルトハウス「ヨーロッパルーム」

Europakamer in het SieboldHuis
シーボルトハウス「ヨーロッパルーム」

ここは、シーボルトが住んだ当時の雰囲気を残している部屋です。が用意してくれたファイル(これにみなさまよりのメッセージもまとめ、メモリアルブックとする予定です)では、当プロジェクトの活動紹介や、メッセージの例をご覧になれます。

siebold&fukuteruprayforjapan

今度の日曜日の午後、当プロジェクト代表國森は、この美しい部屋でみなさまをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

東日本大震災、福島第一原子力発電所事故より5年の記念イベント@日本博物館シーボルトハウス

来る3月11日は、東日本大震災および福島原子力発電所事故発生よりちょうど5年目
となります。

被災者のみなさまには、まだまだ復興も途上、心に負った傷も癒えない中で
暮らしている方々がおおぜいおられることと思います。心よりお見舞い申し上げます。

ライデンの日本博物館シーボルトハウスでは、3月13日(日)14:00-16:00、
被災者の方々へのお見舞い、復興の応援メッセージをご来館のみなさまとともに
作成しようということになりました。

絵やイラスト、詩、文章、写真などでA4紙にそれぞれ心のこもった「作品」を
自由に創作していただければと思います。

当オレンジハート代表國森由美子は、同館よりの依頼にて、このアクティビティーを
担当します。國森は、同館にて日本語での館内ガイド(予約制・有料)の担当者でもあります。
みなさまよりいただくメッセージ作品は、後日同館がメモリアルブックとしてまとめ、
公式サイトでも公開する予定です。

たくさんの方々にご参加いただけますようにと願っております。

同アクティビティーのご案内は今のところオランダ語のみとなっておりますが、内容は上記のとおりです。

住所などはシーボルトハウス公式サイトにてご確認の上、ご来館ください。

よろしくお願いいたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

サーバー移管に伴い、諸々作業中です。

2015年8月よりオレンジハートの運営サーバーの移管作業をおこなっており、更新も滞っておりました。今後しばらくはサイト内のリニューアルを行う予定です。本日は、「プロジェクトについて」のページを更新しました。

オレンジハートのこれまでの活動については、上記のページでご覧いただければと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

Japanmarkt 2015にての活動も無事終了しました。

去る5月24日(土)、ライデン日本博物館シーボルトハウス主催のヤパンマルクト(ジャパンマーケット)にてのオレンジハートブースのようすを写真でご紹介いたします。

Orange Heart for Fukushimaorange-heart-japanmarkt2015-76 -s
takahashifoto-kodomomushalindafoto-4?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

orange-heart-japanmarkt2015-45 -sshimadafoto-dorayaki&ichigodaifuku

orange-heart-japanmarkt2015-8 -s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事終了、ほっとしています。ご協力くださったみなさまに心より感謝いたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

ジャパンマーケット 2015 / Japanmarkt 2015

福島県いわき市のプロジェクト連携先の方々がジャパンマーケット用にとはるばるオランダまで送ってくださった、それはそれは立派な子供武者人形。

福島県いわき市のプロジェクト連携先の方々がジャパンマーケット用にとはるばるオランダまで送ってくださった、それはそれは立派な子供武者人形。

ぎりぎりのお知らせになってしまいましたが、明日5月24日(日)のシーボルトハウス主催ジャパンマーケットのオレンジハートのブースは、シーボルトハウス前の通り、ラーペンブルフの運河にかかる橋Doelenbrugのすぐ手前あたりです。
時間は12時~17時です。
オレンジハートのブースでは、以下の品々をお買い上げいただけます。収益は前の投稿でもお伝えしたとおり、いわきの方々と連携しての新たな活動のために「お貯金」します。

*先日展示した日本羊毛フェルトクラフト協会の代表、メンバーの作品

*福島県楢葉町の方々の和布細工(既に買い手のついているものもあり、主にご紹介ですが、ご注文も受けつけます。初回に限り、送料なしの特別価格です。)

*いわき市の連携グループの方々が送ってくださった五月人形(立派な子供武者人形セットです。新品はおよそ〇十万ほどだったとか。ずっと大切にしてくださる方にお譲りしたく、とにかくご紹介いたします)、手作り小物、日本の雑貨など。

*その他プロジェクトへご寄付いただいた品々(和ろうそく、 大学グッツなど)

また、今回は発起人自らがオランダの食材を用いて作ったホームメイド和菓子もご用意いたします。おおよそ以下のようなラインナップの予定です。一人で作っていますので、それぞれ少しずつ、できただけです。売り切れ御免です。どうぞ、ぜひ、上記の品々と合わせてお買い上げください。

どらやき

どらやき

ひよこもどき

ひよこもどき

いちご大福

いちご大福

桜もち
桜もち

なお、ブースには、以下のように巻紙を置いておきます。ここへいわきの方々への応援メッセージをなにか一言いただければ幸いです。これは後日、当プロジェクトの直接のコンタクト先のいわきのみなさまに差し上げたいと思っています。よろしくお願いいたします。

応援メッセージ用の巻紙です。発起人とともにオランダーいわき間を往復したオランダてるてるぼうずたちが目印です。

応援メッセージ用の巻紙です。発起人とともにオランダーいわき間を往復したオランダてるてるぼうずたちが目印です。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

展示関連、成功裏に無事終了しました。

fuji
先週5月13~15日の3日間の展示は無事終了、日本羊毛フェルトクラフト協会の渡邉加奈子代表、ご主人(会社員ですが協会の経理をされています)も、無事東京へ戻られました。2年前にご結婚され、新婚旅行はまだだというので、なかば無理やりライデンへお誘いした今回、ヨーロッパ旅行も、また、協会の海外での展示も初めてだったそうです。

加奈子さんの前職は、かのハローキティーの海外向けぬいぐるみのデザイナーだそうです。なるほど、そんな方のもとで育ったインストラクターの方々、協会メンバーの方々がユニークな作品を制作されるのも納得。

富士山だそうです!

富士山だそうです!

以下、展示のようすを写真でご紹介いたします。

作品の説明をする渡邉加奈子代表とご主人の好雄さん。

作品の説明をする渡邉加奈子代表とご主人の好雄さん。

fb-yumiko-1fb-yumiko-2fb-yumiko-4

「どれがいいかしら?」と、ピアスを選んでいます。

「どれがいいかしら?」と、ピアスを選んでいます。

プロジェクト立ち上げ当初からの仲間の羊毛フェルト作家ペトラとご主人。ご主人は医師です。

プロジェクト立ち上げ当初からの仲間の羊毛フェルト作家ペトラとご主人。ご主人は医師です。

展示開始まもなく、これが欲しいという方が現れました。その後には、注文したいという方も。この白くまフェルト作家の方は日本でも有名だそうです。

展示開始まもなく、これが欲しいという方が現れました。その後には、注文したいという方も。この白くまフェルト作家の方は日本でも有名だそうです。

klas-1 klas-2 klas-3 klas-4 klas-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週19日には、展示期間外ですが特別に近くの小学校の子どもたちが見学にやってきました。小学校の教師でもある不思議な手袋アニマル作家のコリーさん、さすがに子どもたちとのコミュニケーションがとてもじょうずです。

あらかじめ、「着物で来て」と頼まれていた國森は、
「ピアノ弾いてー」と子どもたちにわいわいリクエストされ、なりゆき上、着物姿で一曲弾くはめに(笑)。

なんでもアリなオランダです。

以上、展示のようすをお知らせいたしました。
次は、来る5月24日(日)、これまた地元ライデンでの活動です。
プロジェクトでは、直接コンタクトしている福島県いわきグループ応援活動(たとえば、いわきの受け入れグループ隊長や前回の活動に協力してくださったアーティストなど)と、いつかオランダでともに活動するための資金を集めたいと思っています。これは、昨年2014年よりぼちぼちと始めています。できることをできるだけ、をモットーに、コツコツお貯金型で続けようと思います。よろしくお願いいたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

テキスタイルフェスティバル参加展示、明日5月13日から3日間です。

day3-41-st_annahof_poort day3-10-st_annahof_hhgalerij

日 本羊毛フェルトクラフト協会の代表、渡邉加奈子さんご夫妻がオランダに到着し、昨日ギャラリーの準備をしました。ロケーションは、ライデン駅から徒歩10 分ほど、ライデン大学本部のすぐ近く。Hofje(ホッフェ)と呼ばれる、17世紀に建てられた昔ながらの集合住宅の一角です。
オレンジハートのプロジェクトに一番初めに賛同、以来ずっと秘書的な仕事を担当してくれているヘスターさんのご自宅です。ここではこうして時おり自宅を開放してアートや写真など、これまでも展示会を催しています。

???????????????????????????????

羊毛フェルトの展示作品が実に素敵でかわいらしく、また、羊毛という、日本古来の原料ではないものを用いているのにもかかわらず、はっきりと「日本」を感じさせるセンス、繊細で丁寧な手仕事。どれもほしくなってしまいます。

??????????????????????????????????????????????day3-34 -voorbereiding-3??????????????????????????????????????????????

???????????????????????

展示は明日からの3日間です。
渡邉加奈子代表とオレンジハートの國森は、明日13日と明後日14日の2日間ギャラリーにおります。入場は無料です。ちょうど、お休みの時期、大都市とは 異なる魅力を持つライデンの美しい町をお楽しみいただきつつ、この日本の羊毛フェルト作品の展示を覗きに来ていただければ、誠に幸いです。

GalerieHH-textielfestival2015 -m

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Share:Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone